ブログ|羽村駅で歯科をお探しの方はひらいデンタルパートナーズまで

カリスマ技工士とのミーティング

2018年5月26日

皆さまこんにちは。
先日、当院のセラミック専門で技工をお願いしています、シュルッセルの岡部さんとのミーティングを行いました。

歯科医療先進国であるドイツで仕事をされた後、日本でご開業された技工士の方です。
岡部さんのセラミックは、本当に素晴らしく、どの技工物よりも、精度もよく審美性も大変優れており、私自身、大変感銘を受けました。
先日、都内よりわざわざ、当院まで足を運んでいただき、岡部さんと補綴物(被せ物)などのことについて、いろんなお話をすることができました。

普段技工士の方と被せ物のことについて話す機会はあまりありません。しかし、岡部さんは患者さんによりよい被せ物を提供できるようにと、このような機会を作っていただきました。

セラミックは、審美性を重要視されていることが多いです。確かに審美性も大変重要ではありますが、何よりも、セラミックは、汚れがつきにくいという大変大きな特徴があります
銀歯の中が虫歯という経験をした方は多くいらっしゃると思いますが、セラミックはその可能性を大変少なくさせることがあります。
つまりは虫歯になりにくいという特徴があるのです。
歯を削るとどんどん小さくなってしまうのです。
出来るのであれば、再治療の回数は少ない方が良いと思います。
その為のセラミックでもあります。
そのセラミックを岡部さんにお願いできていることはとても安心なことだと思っております。

また、岡部さんとたくさんのディスカッションをしたいと思います。