当院の特徴|羽村駅で歯科をお探しの方はひらいデンタルパートナーズまで

大切なご家族の健康を守る
パートナーであるために

  • お口は体の入口となる器官です。体の健康を重視していても、お口の健康が疎かになっていては意味がありません。今ある病気はしっかり治療をして繰り返さないように予防をしながら、全身の健康を守っていきましょう。
    しかし、お口の中は直接見ることができず、患者さま1人で完璧にケアしていくことは難しいものです。お口の健康は歯科医院と協力しながら守っていき、いつまでも健康に使い続けられるようにしましょう。

お母さま・お父さまの安心のために

  • お子さまを連れての通院はとても大変です。
    当院ではお母さま・お子さまが笑顔で通院できるよう設備を整え、いつでも通いやすい歯科医院を目指しています。

●キッズルーム完備
受付・診療室から見える場所にキッズルームを設置しています。楕円形で角のない、お子さまが元気になれるオレンジ色を採用しています。
●親子で入れる広々とした診療室
1番スペースの広いユニットは、ベビーカーが置けるくらい広々とした造りになっています。 保護者の方が診療中の間は、お子さまはそばでお待ちいただくことが可能です。また、小さなくぐり戸もあるので、診療するお子さまはそこから入っていただくこともできます。
●院内の角は丸く統一
お子さまが遊んでいる時も安心なように、院内ほとんどの「角」を丸く統一した設計になっています。元気なお子さまが動き回ってもなるべく怪我することのないような、やさしい空間作りを心掛けています。
●ベビーチェアやベビーベッドを完備
ベビーチェア、パウダールームにはベビーベッドを完備しております。赤ちゃんをお連れのお母さまでも、オムツ替えやお着替えなどの際ご利用ください。
●痛みの少ない治療
ひらいデンタルパートナーズの歯科医師は、大学病院の小児歯科で長く勤務していました。常に痛みの少ない治療ができるように心がけてまいりましたので、小さなお子さまも怖がらずに治療を受けていただけます。
しっかりと麻酔を行ってから治療するため、中には安心して眠ってしまうお子さまもおります。
●女性歯科医師による診療
男性歯科医師はどうしても怖いと感じてしまうお子さまもいらっしゃいます。当院では大学病院小児歯科で勤めていた女性歯科医師がお子さまの診療を担当します。優しく、楽しい治療を心掛けていますので、一緒に歯科医院に慣れていきましょう。
歯医者さんはお子さまが成長できる場所

子どもの頃は保護者さまが絶対的な安心感を得ることができる場所です。しかし、人間は徐々に社会にも慣れていく必要があり、他人とコミュニケーションをとることで精神的な発達も促すことができます。歯が生え始める生後6ヶ月頃から歯科医院に通い、他人とのコミュニケーションを取ることが大切です。
人との関わり方と歯科の大切さを覚えていくために、ぜひ歯科医院を利用していただければと思います。
また、治療をきちんと受けられたということがお子さまにとって達成感を感じられるものにもなります。様々な治療を通じて、お子さまのお口と体、心の成長をサポートしていきます。

衛生的な診療空間

  • 一見、綺麗に見えている治療器材でも、実は他の患者さまの唾液や血液が付着していることがあります。当院は医療機関として衛生管理を徹底し、治療器具の患者さま毎の交換や洗浄・滅菌作業を徹底し、院内感染防止に力を入れて取り組んでいます。

●クラスBの滅菌器を導入
世界最高レベルであるクラスBの滅菌器を導入して治療器具を完全に滅菌しています。ヨーロッパではこの滅菌器を導入することがあたりまえとなっていますが、日本ではまだまだ導入していない歯科医院が多いのが現状です。
●ユニット内のお水はいつも清潔に
歯を削る際や、お口をすすいだり、うがいする際に使用するお水は患者さまの座っているユニットの中を通って出ています。当院ではKaVoの洗浄システムが搭載されたユニットを導入し、最適な過酸化水素水を用いて常に水路間を洗浄することで いつも清潔なお水を提供できるようにしています。微温水のため、治療中の刺激も軽減することが可能です。

最新設備による精密な診査・診断

  • レントゲンは顎の骨や歯並びを確認することができます。しかし、インプラントや抜歯などの精密な治療が必要なものでは、レントゲンでは情報不足であることが懸念されています。
    当院ではレントゲンよりもさらに詳しく3Dで患部を撮影することができる「歯科用CT」を完備し、正確な治療計画を立案できるように徹底しています。

年齢に応じた歯並びサポート

  • 歯科矯正は見た目を良くするためだけに行うものではなく、食べること(咀嚼)や発音も治すことができる治療です。歯列やかみ合わせの乱れはもともとの骨格や筋肉で全てが決まるものではなく、ライフスタイルや食生活によっても左右されます。
    子どものお口は成長段階にあり大変未熟です。そのため、乳児期は食事指導や歯並びに影響のでてしまう癖の改善、3歳頃から装置を使った「顎顔面矯正」を行うなど、年齢に合わせた歯科矯正のサポートをしていきます。

顎顔面矯正とは

顎顔面矯正は顎を広げることで歯を正しい位置へ誘導する治療法です。歯だけではなく顎の骨を矯正することで、骨の正常な成長を促し、発育のコントロールを行います。 また、上顎を広げることで鼻腔も広げることができるため、鼻づまりや喘息、いびきなどの改善にも働きかけます。小さな頃から装置を付けて治療をすることを嫌がる患者さまもいらっしゃいますが、この治療は成長期であるからこそできる治療で、大人になってから歯科矯正をするよりも負担を少なくすることができます。 顎全体のバランスを整えることで、体のバランスも整いますので、お子さまの成長と合わせて治療をしていくことが望ましいです。

歯周病治療でお口全体のケア

  • 歯周病は歯を支える骨を溶かしていく病気です。実は歯周病は歯を失ってしまう原因の第1位であり、「あの時にきちんと治療をしておけばよかった…」と後悔される患者さまが多い病気でもあります。もしも歯周病にかかっているのなら、早めに治療をして、再発を予防をしていくことが大切です。1本でも多くの歯を残すために、今から歯周病ケアをはじめましょう。

歯周病は全身の健康にも影響します

歯周病はお口の中に残った食べかすなどをエサにして、増殖した細菌が歯肉を炎症させていきます。主な原因はお口のケアを怠っていることですが、タバコや糖尿病、遺伝、ストレスなども原因として考えられています。 お口の中にたくさんの血管があり、歯周病菌がお口の中の血管から全身に回ると、心疾患や認知症、誤嚥性肺炎、早産など様々な症状を起こすことがわかってきています。 医療の発達によって寿命は延びてきましたが、いつまでも笑顔で元気に過ごせる「健康寿命」はそれよりも短いのが現実です。当院は「健康寿命」をより長くできるように、お口の中の健康のサポートをしていきたいと考えています。